仏CMA CGM、イラン事業から撤退

コンテナ海運大手の仏CMA CGMは7月7日、イランとの取引停止を決定したと発表した。同社のサーデCEO兼会長が、米国による対イラン制裁を理由に、イランの港への寄港を取りやめると述べた。CMA CGM...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。