ポーランドの司法改革、欧州に波紋投じる

ポーランド政府による司法改革をめぐり同国内でも、欧州連合(EU)でも緊張が強まっている。2015年から「法と正義」(中道右派)が単独で率いる政府は、判事の人事権などを通じて司法への干渉を強めており、特...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。