オラノ、ベルギー向け放射性廃棄物処理契約が終了

仏原子力大手オラノ(旧アレバ)は、7月3日にベルギーの原子力発電施設に由来する中レベル放射性廃棄物のガラス固化体を含むコンテナ19基が仏バローニュ(マンシュ県)から電車でベルギーに向かって出発したと発...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。