ドイツの連立政権に崩壊の危機、7月2日にメルケル首相とゼーホファー内相が協議

ドイツの連立政権が崩壊の危機に直面している。連立に加わるキリスト教社会同盟(CSU)の党首を務めるゼーホファー内相が7月1日、内相職を辞任する可能性を示唆した。2日にはメルケル首相(CDU)とゼーホフ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。