ラファージュに予審開始通告、シリア事業の「イスラム国」への資金提供問題で

仏司法当局は28日、セメント大手ラファージュ(現ラファージュホルシム)に対して、テロ資金協力などの容疑で予審開始を通告した。予審は担当の予審判事が起訴の是非を決めるために行う裁判上の手続き。予審判事ら...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。