ステーションF発足から1年:入居の起業家のプロフィールは

パリ市内に大型インキュベーター「ステーションF」が開業してからちょうど1年間が経過した。この機会に、入居企業を対象にした起業家のプロフィール調査の結果が発表された。調査は1034社の4882人を対象に行われた。これによると、起業家の平均年齢は31才で、4分の1が子どものいる人となっている。65%が給与所得者で、給与水準は年額2万-4万ユーロが大半となっており、10万ユーロ超は1%程度となっている。入居企業の67%は既に従業員を採用、採用の半数超で、ストックオプション等の付与がなされた。入居企業の業種は、BtoBのSaaSソリューション開発が最も多かった。資金調達は232社が行い、総額で2億5000万ユーロの調達がなされた。金額では、100万ユーロ超が59社、50万-100万ユーロが60社などとなっている。入居企業のうち8社は買収の対象となり、1.7%の企業が廃業した。国際事業の実績のある企業は全体の45%を占めた。