英下院、離脱法案審議で離脱反対派の修正案を否決

欧州連合(EU)離脱法案をめぐる英下院の審議で、メイ内閣が窮地を再び辛うじて回避した。離脱交渉での主導権をめぐって政府と国会が争う中で、6月20日に政府に不利な修正案が投票に付され、僅差で否決された(...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。