エンジー、ベルギー原子炉の運転停止期間を延長

仏エネルギー大手エンジー(GDFスエズ)は6月18日、ベルギーで傘下エレクトラベルが運転する原子炉の運転停止が追加で必要になったと発表した。そのために2018年の利益に生じる逸失分は、EBITDAと特...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。