アンリ・ジャイエ氏のワイン1064本、オークションで高額で落札

著名ワイン醸造家の故アンリ・ジャイエ氏が個人的に保管していたワイン1064本が6月17日、スイスのジュネーブ近くでオークションにかけられた。標準サイズの855本、マグナムサイズの209本は総額670万-1300万スイスフラン(570万-1120万ユーロ)と評価されたが、オークションでは実に3450万スイスフラン(2980万ユーロ)の高値で落札された。最も高額だったのは、「クロ・パラントゥ」「ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ」(1978-2001年)のマグナムサイズ15本からなるロットで、評価額(28万-48万スイスフラン、23万7000-40万6000ユーロ)を大きく上回る116万スイスフラン強(100万ユーロ強)で売れた。アンリ・ジャイエ氏は2006年に84才で逝去、2人の娘がワインセラーに残っていたワインを今回、オークションに出した。