ナイジェリアのEgina鉱区、間もなく生産開始へ

仏石油大手トタルがオペレーターを務めるナイジェリアEgina深海鉱区で利用される浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)が来月末にも完成し、運転を開始する。このFPSOは高さ33メートル、全長330メートル...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。