カメルーン:リンべ沖にもLNGの浮体式設備

カメルーンでは、今年3月にクリビ沖の浮体式設備が液化天然ガス(LNG)の生産を開始したが、2番目の浮体式設備が設置されることが決まった。政府と英ニューエイジが6月8日、リンべ沖のエタンデ(Etinde...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。