仏ラクタリス、サルモネラ菌汚染粉ミルクの工場で生産再開

仏乳業大手ラクタリスは5月27日、粉ミルクのサルモネラ菌汚染問題があったクラオン工場で、生産を再開した。成人用粉乳の製造ラインの稼働を開始したが、まずは品質検査等を目的とした稼働であり、製品は販売され...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。