PSA、ガソリンエンジンの生産を増強へ

欧州でディーゼル車離れが進む中で、ガソリン車の需要が増えている。報道によると、仏自動車大手PSAはこうした情勢を考慮し、エンジン製造子会社FM(フランセーズ・ド・メカニック)のドゥブラン工場(パドカレ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。