経済協力開発機構(OECD)閣僚会合:マクロン大統領、保護主義を糾弾

マクロン仏大統領は5月30日、経済協力開発機構(OECD)のパリ本部で開かれた閣僚会合に出席し、マルチラテラリズムを擁護する重要性を訴えた。保護主義的な傾斜を強めるトランプ米政権をけん制した。
大統...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。