アゼルバイジャン、欧州向けガス輸出に向けてガスパイプラインの運転開始

アゼルバイジャンは5月29日、カスピ海沿岸サンガチャルのターミナルにおいて、アゼルバイジャン産のガスをアナトリア横断ガスパイプライン(TANAP)に輸送するパイプラインの一部の運転を開始した。パイプラ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。