仏ウエサン島沖の海流発電機、今夏にも再設置へ

仏ブルターニュ地方の海洋エネルギー事業者サベラ(Sabella)は、海流発電機「D10」(容量1MW)をウエサン島沖に8月末にも再設置すると発表した。水深55メートルの海底に3年間にわたり設置される。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。