パリの病院でINES「レベル2」の事象

ASN(仏原子力安全局)は4月26日、パリのピティエサルペトリエール病院において神経放射線学を扱う医療関係者二人が2017年に、被ばく積算線量の上限を超える事象が発生したと発表した。INES(国際原子...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。