ASN、マルクール地区の放射性廃棄物に懸念表明

仏ルフィガロ紙は4月19日付で、仏原子力庁(CEA)が管理するマルクール原子力地区と、原子力燃料大手オラノ(旧アレバ)のラアーグ再処理工場に保管されている放射性廃棄物の取扱に関する懸念を取り上げた。こ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。