独連邦環境庁、NOxの害に警鐘

独連邦環境庁(UBA)は3月8日、ディーゼルエンジンから排出されるNOxにより、ドイツ国内で毎年6000人程度が早期死亡し、毎年100万人が病気になっていると発表した。また、国内70都市で、大気中の有...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。