EDF、石炭火力発電所のバイオマス発電施設への転換を検討

仏政府は国内に残る石炭焚き発電所5基について、2022年までにその閉鎖か炭素排出量の少ないソリューションへの転換を進める方針を表明している。これを受けて仏電力大手EDFは、ロワールアトランティック県の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。