最高速度の引き下げ、コスト・ベネフィットは2億3000万ユーロのプラス

仏政府は、中央分離帯のない道路での最高速度の引き下げ(時速90kmから80kmへ)を7月1日付けで導入する予定だが、フィリップ首相が交通安全対策の目玉として主導してきたこの政策には運送業界や田園部のド...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。