「労働法典の初回違反には罰金処分を科さない」新制度が導入へ

去る1月30日に下院を通過した行政改革法案には、行政当局との関係において「誤りを犯す権利」を導入する条項が盛り込まれている。法人に関しては、労働法典への違反行為の一部について、初回違反を「警告」処分と...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。