ラトビアの中銀総裁に汚職疑惑

ラトビア中央銀行のリムシェービッチ総裁が2月17日に汚職容疑で逮捕され、汚職防止摘発委員会(KNAB)による取り調べを受けた。また総裁の執務室や自宅に対する家宅捜索も実施された。総裁は10万ユーロ以上...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。