大気中の二酸化炭素濃度、産業革命以前比で145%上昇

世界気象機関(WMO)は10月30日、地球大気中の二酸化炭素濃度が2016年に403.3ppmに達したと発表した。産業革命以前(1750年以前)の濃度に比べて145%の上昇を記録した。化石の調査による...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。