赤道ギニアの資金洗浄疑惑、パリ地裁が有罪判決

パリ地裁は27日、赤道ギニアのンゲマ・オビアン副大統領を被告人とする資金洗浄容疑の裁判で、被告人に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。禁固3年、罰金3000万ユーロの有罪判決を言い渡すと共に、不正蓄財...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。