DGCCRF、違法化学物質を使った化粧品を摘発

消費者保護等を任務とする仏公的機関DGCCRF(競争・消費・不正抑止総局)は10月26日、調査の結果として、140種類を上回る化粧品から使用が最近禁止された化学物質が検出されたと発表した。違法物質が検...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。