支払い配当金の特別課税禁止:政府は新たな時限課税導入を検討

支払い配当金に係る特別課税の廃止命令に伴い、政府は大企業を対象にした特別課税を導入する可能性を検討している。ルメール経済相が22日までに言明した。
支払い配当金に係る特別課税(税率3%)は、オランド...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。