チュニジア:仏マルセイユのテロ事件、犯人はチュニジア人

10月1日に仏マルセイユ市で発生したテロ事件では、犯人がチュニジア人であることが判明した。犯人のアーメド・ハナシは29才、マルセイユのサンシャルル駅前の広場で、2人の若い女性を刃物で殺害後、治安部隊隊...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。