バイエル、一部種苗・農薬事業をBASFに売却へ

独化学大手バイエルは10月13日、独同業BASFとの間で、綿花、アブラナ、大豆の種苗およびグルホシネートアンモニウム系非選択性除草剤(ブランドはLiberty、Basta等)の事業を59億ユーロで売却...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。