エアバス製の電気推進衛星、軌道投入の所要期間で新記録

エアバスが製造した通信衛星「ユーテルサット172B」が10月11日、所定の静止衛星軌道に乗った。テストを経て11月に運用が開始される。
この衛星は3.55トン、完全電気推進という特徴がある。打ち上げ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。