マクロン大統領、労働法典改正に向けて労使との協議に着手

マクロン大統領は5月23日、大統領府に労使代表を招いて個別会談を行った。労働法典改正を中心に、労使関係のテーマについて意見を交換した。
労使代表はそれぞれ、ニュアンスの違いはあるが協議に前向きの姿勢...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。