モザンビーク:ロブマ川河口のガス開発に遅れ

ロブマ川河口周辺で2010年に発見された天然ガス鉱床は埋蔵量が5兆立法メートルと推定される超大型ガス田。モザンビークはこれにより世界第3位の液化天然ガス(LNG)生産国に成長すると期待されていた。しか...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。