マダガスカル:JIRAMA、2020年の収支均衡が目標

電力不足が深刻で停電が頻発するマダガスカルで、電力供給を担当するマダガスカル水・電力公社(JIRAMA)の運営に関する会合が5月4日に行われた。
市民団体らは席上、JIRAMAの放漫運営と電力供給の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。