国とSNCFレゾーの事業契約:監督機関のARAFERは厳しい見解を表明

仏鉄道・道路部門の監督機関であるARAFERは3月30日、国とSNCFレゾー(仏国鉄SNCFのインフラ部門)が結ぶ事業契約(2017-26年)について、非常に厳しい見解を表明した。
この事業契約は、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。