チュニジア:FIPA、日本代表団にオリーブ油部門の投資機会を説明

FIPA(外国投資促進庁)は3月14日、日本からの代表団を招いてオリーブ油部門の投資機会に関する説明会を開いた。チュニジア側はこの機会に、国内のオリーブ産業の現状や、オレイン酸を豊富に含み、ポリフェノ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。