FCAもパリ地検による予審の対象に

報道によると、パリ地検は3月15日、伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の排ガス不正問題に関して、詐欺などの容疑で予審(起訴の是非を決めるために行う裁判上の手続き)を開始し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。