フラマンビルEPR:ブイグ、不法労働行為で控訴審でも有罪

カーン高裁は20日、外国人労働者を不法就労させていた件で、建設大手ブイグに有罪判決を下した。第1審よりも重い2万9950ユーロの罰金刑を言い渡した。ただし、3万ユーロ以上の罰金刑を受けた場合、公共調達...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。