グーグル、問題コンテンツへの広告掲載問題で謝罪

グーグルの欧州・中東・アフリカ地域責任者を務めるブリティン氏は3月20日、傘下の動画共有サイトYouTubeの英国サービスにおいて問題コンテンツに広告が掲載された問題について謝罪し、早期に対策を講じる...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。