非居住者によるユーロ圏債券取引、2016年に売り越しに転じる

3月20日発表の欧州中銀(ECB)統計によると、非居住者によるユーロ圏債券の取引は2016年に1920億ユーロの売り越しとなった。前年は300億ユーロの買い越しを記録しており、売り越しに転じた。売り越...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。