バルカン半島の旧型発電所、深刻な大気汚染の原因に

3月15日付の仏AFP通信は、バルカン半島諸国において旧型の褐炭・石炭火力発電所が深刻な大気汚染を引き起こしている現状について報道した。WHO(世界保健機関)によると、欧州において微粒子による大気汚染...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。