アルジェリア:IMF、若年失業率の高さに懸念示す

IMF(国際通貨基金)の代表団は3月12日にアルジェリアの訪問を開始した。経済に関する定例審査のために訪問した。代表団のドーファン団長は13日、国の安定を脅かす要因として若年失業率の高さを挙げつつ、公...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。