印タタ、アフリカ事業は失速気味

印タタ・グループとアフリカの縁は深い。20世紀初頭にマハトマ・ガンジーが南アで人権擁護のため闘っていたとき、タタ・グループの創始者ジャムシェトジー・タタの次男が12万5000ルピーをおくったという逸話...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。