ルペン大統領候補の公務員批判、反発招く

架空雇用事件や政治資金不正容疑で司法当局の追及を受けている極右FNのマリーヌ・ルペン党首は26日の集会で、司法当局だけでなく、司法官を含む公務員全体を批判する形で、公務員は国家権力の言いなりになって、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。