コンゴ(民):ガソリン供給業者、公定価格の引上げを要求

コンゴ民主共和国では経済危機を背景に通貨価値が下落し、石油製品の公定価格を巡って政府と業者が対立している。

ガソリンの公定価格は2016年8月に1リットル当たり1440コンゴ・フランから1540コ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。