鳥インフル禍:ランド県で新たに36万羽が殺処分に

ルフォル農相は21日、南西部を襲う鳥インフル禍で、新たに36万羽の殺処分を決めた。感染が下火にならないことから、主要なフォアグラの産地であるランド県内で追加の殺処分を実施する。
ランド県には国内のフ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。