アフリカ:地元共同体と企業間の係争の3分の2は立ち退き問題が原因

サブサハラ・アフリカにおける地元共同体と企業との係争の3分の2近くが住民の強制的な立ち退きが原因となっているとする報告書がダカールで2月9日に発表された。

TMP(コンサルティング)と土地に対する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。