コンサートチケットの転売増える

コンサート・イベントのチケットのネット転売が増えている。業界関係者によれば、全体の10-15%がネットで転売されており、人気コンサートの場合はこの割合が25%まで上昇する。法律で禁止されているダフ屋行為(額面額を超える価格での販売)も横行しており、チケットを渡さず、金を持ち逃げする純然な詐欺行為も発生しており、業界は対応に苦慮している。
フランスでは、2012年の法律により、主催者の許可なく業者が舞台芸術の入場券を販売する行為を全面的に禁止しており、違反者には1万5000ユーロの罰金刑(再犯の場合は3万ユーロ)を設定している。ただ、個人による転売は禁止されておらず、これを抜け穴にして転売者が暗躍している。特に、外国のサーバーからいわゆるインターネットボットを利用して大量に買い入れ、個人を装って転売する組織的な犯罪も見受けられるという。