仏フラマンビル原子力発電所で爆音:放射能汚染の危険はなし(県庁発表)

仏フラマンビル原子力発電所1号機(マンシュ県)の非管理区域において2月9日朝9時40頃、小規模の爆発があった。県庁は放射能汚染などのリスクはないと発表している。県庁によると、1号機の非管理区域にある機...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。