カメルーン:英語圏地域で独立運動が活発化

カメルーン南部の英語圏地域で独立を求める動きが活発化している。年末年始の休暇明けの1月9日には各地でゼネストが行われた。学校の授業は昨年11月以来、中断しており、この日も登校する児童の姿は見られなかっ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。