チェルノブイリ立入禁止区域の太陽光発電施設建設計画、約40社が申請

ウクライナ政府はチェルノブイリ立入禁止区域の一部に設置容量2GWの太陽光発電施設建設を計画している。政府によると、これまでのところ中国、独企業を含む39社が申請を行った。
この計画については、中国太...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。